脱毛エステはいつでも綺麗な状態が保たれる

それでは、自己処理のメリットデメリットを抑えた上で、脱毛エステのメリットを挙げていきましょう。まずはじめに、脱毛エステのメリットで一番ともいえることは、脱毛エステでむだ毛を処理してしまえば、いつでも綺麗な状態が保たれるということです。

脱毛エステでの脱毛は、直接むだ毛の毛根に働きかけていきます。脱毛エステでは、光などを利用した脱毛機を使い、それを照射していくことで毛根からの脱毛を測ります。脱毛の機序の話に直結してしまいますが、この照射される光が毛根にダメージを与えることで毛が抜けて行きます。

一度脱毛をされれば、その毛根からは二度とむだ毛が生えてくることはありません。というのも、毛には成長段階があり、毛根の細胞が活発に育っている段階の成長毛に照射された場合に限ります。それ以外の毛も、照射されれば抜け落ちてきますが、その毛穴からはまた毛が生えてきます。

一時的には非常に綺麗な状態になりますが、それらの毛穴からはまた毛が生えてきます。というわけで、照射を繰り返し、生えているむだ毛の中でも成長毛のむだ毛だけを根気よく減らし、最終的に全てのむだ毛をなくそうとするのが、脱毛エステの目的です。

一度では全てのむだ毛がなくなるわけではありませんが、照射後は一旦目に見えているむだ毛が全てなくなりますその間、自己処理では実現できないような綺麗な素肌でいられます。脱毛エステを続けて、むだ毛を減らして行けば、最終的にはこのような素肌にたどり着くことが出来るのです。

脱毛エステはお肌を傷つけることなく脱毛できる

脱毛エステの脱毛と、自己処理で全く異なる点といえば、脱毛エステの場合、全くお肌を傷つけることなく脱毛することが可能です。自己処理のデメリットのお話で、自己処理はお肌を傷つけてしまうというお話をしましたね。

カミソリで剃る場合は、目には見えませんがお肌表面の保護の役割をする角質を必要以上に削り取ってしまったり、毛抜きで抜く場合は毛根付近のお肌を引きちぎって傷つけてしまっています。自己処理を繰り返すことで、このような微細な炎症が続き、結果としてお肌も爆発してしまいます。

炎症がひどいものになってしまったり、炎症がやっとなおったとしてもお肌に色素沈着が残ってしまったりすることもあります。そうなると、むだ毛を処理できたとしてもお肌自体を痛めつけてしまっている状態です。
脱毛エステの場合は、むだ毛は抜けてもお肌自体には傷をつけずに脱毛をすることが可能です。

というのも、使用する脱毛機にそのヒントがあります。脱毛機から照射される光によって、脱毛を測るのですが、この光はむだ毛にしか反応しないのです。光と効くと、お肌にもダイレクトに照射されますし、お肌に対する副作用も心配されます。

ですが、実際にはお肌に対する副作用は全くなく、むだ毛にしか反応しないのです。光は黒い色にのみ反応するのでお肌には反応しないのですね。黒に反応すると、光は熱エネルギーとなりその熱エネルギーが毛根へダメージを与えて行きます。よって、毛根はお肌にくっついている力を失くして、脱落して行くのです。

脱毛エステと自己処理の圧倒的な違いは、脱毛エステは物理的な力を使って毛を抜くわけではないということです。よって、お肌を傷つけることがないのですね。

脱毛ラボの評判はいいみたいです

脱毛エステは低コストで可能

脱毛エステのメリットとしては、低コストで脱毛をすることが可能な点です。むだ毛の処理は、自己処理が一番コストがかからないのは間違いありません。かつては脱毛エステというと、非常に高額でなかなか手を出すことが出来ない領域でした。

ですが、近年では脱毛エステの低価格化が進んでいます。ワキの脱毛だけですと、ワンコインで出来てしまうような、そんな時代になりました。かつては、コスト面では自己処理と脱毛エステで比較されていましたが、最近で脱毛エステと比較対象になるのは、医療脱毛ではないでしょうか。

医療脱毛とは、美容皮膚科などのドクターがいるクリニックで行われる脱毛です。この場合に使用される脱毛機は、光よりもパワーの強いレーザーなどを使用した脱毛機です。光とレーザーの違いは、周波数の違いでレーザーの方が圧倒的に強いパワーを持っています。

効果で比較するとなると、お顔などの産毛に反応するかどうか。レーザーでは細かい薄い毛までにも反応して行きます。
医療脱毛はかなり高性能で、効果を実感するのも非常に早いです。

ですが、脱毛エステと比較すると非常に高額になります。医療脱毛といえども、脱毛の機序は同じですから一度で全てのむだ毛を脱毛しきることは不可能です。といったところで、脱毛スピードは若干劣るかもしれませんが、コスト面で見れば医療脱毛よりも脱毛エステの方が、だいぶコストを抑えて脱毛することが出来ます。

シースリーは期待通りでした